大学生の一人暮らしに適した住まいとは?

高校卒業後、大学生になる人の中には初めての一人暮らしを経験するという人がいるのではないでしょうか。一人暮らしの部屋探しにあたって、個々の経済状況やライフスタイルによってどのような部屋の条件を重視するかは十人十色だと思いますが、重視する人が多いと思われるポイントをまとめてみましょう。

一人暮らしで部屋を選ぶ際に重視するポイントTOP3

家
no.1

家賃の安さ

大学生の部屋探しの中で、家賃に関しては多くの学生が重視していると考えられます。大学生活はアルバイトに当てる時間も限られるので家賃の安さは重要なポイントですが、アクセスなど他の条件と照らし合わせて納得できる物件を探しましょう。

no.2

アクセス環境

大学生になると講義に加え、アルバイトや実習などで行動範囲が広くなります。そこで重要になるのが最寄り駅への距離や学校やアルバイト先への通いやすさではないでしょうか。駅や学校が近いと自由な時間や体力的な余裕を残せるのでアクセス環境も重要なポイントです。

no.3

部屋の快適さ

周辺の騒音や清潔さ、日当たりや広さなど、快適さに関わる部分も大切です。一人暮らしの部屋は大学の課題やレポートに集中したり、生活や休養の基本の場所になるからこそ、リラックスできる快適さは重視しておいた方が良いでしょう。

女性専用の物件を選ぶのも一つの手!

一人暮らしを始める大学生の中でも、特に女性の方はセキュリティや安全面を重視する人が多いと考えられます。この面を重視したいという女性は女性専用の物件を検討してみてはどうでしょうか。オートロック機能や防犯カメラなどが備わっていることも多く、より安心して一人暮らしが出来るのではないでしょうか。

部屋を決めたら準備をしよう【大学生が一人暮らしをする際の注意点】

インテリア

一人暮らしを開始するまでに、部屋探しが終わった後も必要な準備が沢山あります。家具や日用品などの生活必需品を揃えておくこと、周辺施設や病院の場所など必要な情報を把握しておくこと、引越しの手順の決定、ゴミ出しのルール確認、物件の管理人の方や部屋が近い人への挨拶をしておくことなど、一人暮らしをスムーズに開始する為の準備に取り掛かりましょう。また、入居後は水道、電気、ガスの利用手続きをしないとライフラインが使えないままなので、手続きについても調べておきましょう。

初めての一人暮らしでは、実家暮らしの時よりも貴重品の管理や施錠に注意しておきましょう。また、一人暮らしは体調を崩した時やトラブルがあった時に一人で対処や解決しなければならないことが増えます。なので周囲に相談や協力を得やすいように実家との連絡は勿論、物件の管理人の方とも必要な連絡が取れる環境を整えておいた方が良いでしょう。また、同居人が居ないため、生活リズムや時間の使い方が自分に委ねられることになるので、体調管理やスケジュール確認など細やかな気遣いが充実した大学生活を送る上で大切になります。

女性

広告募集中